キレイな温泉
濁ってきた海の中

利用の増加

自家用車からレンタカーへ

レンタカーは車を借りて運転することができる非常に便利なものです。最近、都市部では駐車場価格の高騰や車の維持費が高騰しているために、自家用車を保有するのではなく、必要なときにレンタカーを借りて運転する人も多くなっています。 レンタカー各社もこのような顧客の特徴をつかんでいて、週末を中心として割引価格を設定して、利用者の獲得をしています。特に利用者としては週末のドライブに利用することが多く、家族連れが利用することが多い傾向があります。そのため、乗用車タイプよりもワンボックスタイプやRV車などファミリー層を中心に人気が出ている車を用意しているところが多いです。遊びに使える用品の貸し出しをしているところもあります。

増える車は借りて利用する人

都心部の地価が高騰し、駐車場価格が上昇していることや消費税の増税により車を購入することへの経済的な負担が大きくなっています。そのため、車は購入するよりもレンタルする人の方が近年は増えてきています。この傾向はこれからも続くと予想されています。 そのため、レンタカー各社も週末にレンタカーを利用してもらうことができるようにさまざまな割引制度や会員制度を導入しています。利用する金額に応じてポイントサービスをしたり、割引幅が増えていくようなサービスを行っている会社も数多くあります。 チャイルドシートの無料やETCの標準装備など、レンタカー会社各社による競争もこれから激しくなっていき、利用者にはメリットが増えることになります。